プロペシアジェネリック

プロペシアジェネリック/本当の育毛剤を紹介します

プロペシアジェネリックの種類

 

 

プロペシアのジェネリックは3種類

 

1.フィンペシア

 

フィンペシアはインドのジェネリック薬品メーカー大手のシプラ社が製造するAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

 

フィナステリドを成分としており、男性ホルモンの一つであるDHT(ジヒドロ・テストステロン)が関係している脱毛を予防します。。
プロペシアジェネリックで最も売れています

 

1mg 1箱100錠入り

 

2.エフペシア

 

エフペシアはAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

 

日本皮膚科学会からAGA治療の推奨度Aに指定されています。

 

エフペシアの有効成分であるフィナステリドが、脱毛の原因と考えられているDHTを抑制して抜け毛を予防します。

 

キノリンイエローを含んでいないジェネリックです。

 

1mg 1箱100錠入り

 

3.フィナロ

 

 

日本人の男性の5人に1人にAGAの傾向があるといわれていますが、フィナロはAGAの原因と言われている男性ホルモンのDHTの働きを阻害して脱毛を防ぎます。

 

成分であるフィナステリドの臨床試験では、3年間の投与で98%の人の脱毛が止まり、78%の人が増毛したという結果が出ています。

 

フィナロもキノリンイエローフリーの物もあります

 

1mg 1箱100錠入り

 

調査によると、日本人の50歳以上の男性では半数近くにAGAの症状があるともいわれています。

 

早い人では20代前半から始まる過剰な脱毛、頭頂部やひたいの薄毛は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロ・テストステロン)が関係していることが分ってきました。

 

フィンペシア・エフペシア・フィナロの成分であるフィナステリドは、この男性ホルモンをDHTに変える酵素のはたらきを阻害することで、脱毛の進行をおさえることが出来るんです。

 

プロペシアジェネリックの成分

 

プロペシアジェネリックの説明をする前に、「ジェネリック」とは何ぞやと言うと、新薬の特許が切れた後に発売された薬で、「後発薬」とも呼ばれています。

 

新薬と同じ成分を含んでいるにもかかわらず、開発にかかる期間が短いなど費用を抑えることによって低価格で販売できるんです。

 

もちろん、薬事法の基準もクリアーしており、新薬と同等の安全性を確保しています。

 

プロペシアジェネリックの成分ですが、主成分は「フィナステリド」と言う名前の成分で、アメリカのメルク社が開発したものです。


当初は前立腺肥大の治療薬として発売されましたが、服用した患者から「髪の毛が生えるようになった」という報告が相次ぎ、研究の結果育毛剤として正式に認定を受けました。

 

それでは、どのようにして育毛効果を発揮するのでしょうか。

 

脱毛症の原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することで、脱毛を防ぎます。

 

DTHは、血中のテストステロンに5α‐還元酵素が働いて作られる物質です。

 

フィナステリドはこの5α‐還元酵素を阻害することによって、DTHがつくられないようにして、脱毛症を防ぐ効果を発揮するんです。

 

この「フィナステリド」を成分とするプロペシアジェネリックが「フィンペシア」「エフペシア」「フィナロ」なんです。

 

プロペシアジェネリックの効果としては、抜け毛が少なくなったり髪が細く短くなるのを防ぐことによって、髪の毛が太く長くなることで、結果的に薄毛が目立たなくなるんです。

 

プロペシアジェネリックは、新しい髪の毛を生やすというより、抜け毛を防いで育毛していく効果がある薬として認識したほうが良いのかもしれませんね。

 

プロペシアジェネリック効果

 

育毛の効果は「髪の毛を増やす」ことが最終目標ですが、抜け毛を防いで、育毛するという二段階で進めることが重要です。

 

まず、抜け毛を防ぐ効果のあるフィナステリドを配合した飲む育毛剤と、育毛を促すミノキシジルを配合した頭皮に直接塗りこむ育毛剤を併用して行うことで最大限の効果を発揮します。

 

フィナステリドを配合した飲む育毛剤としては、「プロペシア」「フィンペシア」「エフペシア」「フィナロ」などがあります。

 

ミノキシジルを配合した頭皮に直接塗りこむ育毛剤としては、「リアップ」「ツゲイン」などがあります。

 

髪の毛が成長する仕組みは、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されていますが、詳しいことはわかっていないのが現状です。

 

フィナステリドとミノキシジルは薬理作用が異なるので、併用が可能なんです。

 

飲む育毛剤の服用の方法は、一日一錠を飲み続けるという極めてシンプルなものです。

 

個人差はありますが、早い人だと三か月程度で効果を感じる人もいます。

 

塗るタイプの育毛剤(ツゲイン10の場合)の使用方法は、髪の毛と頭皮を清潔に保ち、よく乾燥させて、1回1mlのツゲイン10を1日2回、12時間毎に使用します。 .

 

必要とされる個所の中央から外側へ向かって全体的に塗り広げます。

 

1日の使用量が2mlを超えないようにしてください。

 

育毛剤の効果をより発揮させるためには、運動を行うなどしてストレスを溜めないようにするなど、生活習慣に気を付けることが大切になります。

 

プロペシアジェネリック・ミノキシジル

 

プロペシアジェネリックで抜け毛を少なくしたり、髪が細く短くなるのを防ぐことによって、髪の毛が太く長くなることで、薄毛が目立たなくします。

 

このプロペシアジェネリックと併用して使用する事で、育毛効果をさらに加速させる働きをする成分が「ミノキシジル」です。

 

ミノキシジルは、血管を拡張する作用があり、その為、血圧を下げる効果があります。

 

血圧を下げるための血管拡張作用が、血流を良くし、髪の毛に栄養分がスムーズに運ばれるようになり、発毛効果を生じると考えられているんです。

 

元々ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではロゲインの商品名で売られていますが、日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップシリーズが市販されています。

 

ドラッグストアーでも「リアップx5」として販売されており、テレビのCMでも頻繁に流されている事から、知名度は抜群の育毛剤です。

 

日本では「リアップx5」のような塗布型のミノキシジルがメインですが、個人輸入などにより、外国から経口薬のミノキシジルタブレット(ミノタブ)も入手することが出来ます。

 

ミノキシジルの副作用も指摘されているので、いくつか紹介します。

 

ミノキシジルは血管を拡張する作用があるので、そのままそれが低血圧につながることがあります。

 

ミノキシジルの血管拡張効果が促すのは、髪や毛にだけではなく皮膚にも影響を及ぼし、皮膚の成長を促進すると、皮脂の分泌が過剰になり肌荒れやニキビの原因になる場合があります。

 

ミノキシジルの効果は必ずしも髪の毛のみに効くとは限らず、髭や腕や足の毛など本来意図しなかった部分の毛が濃くなってしまう可能性があります。

 

その他、性的不能や性欲減退などの報告があります。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ